美容室、「大型店」と「小型店」で働く違いって?

美容室には、全国にチェーン展開しているような「大型店」と、個人開業で1つのお店を出しているいわゆる「小型店」の2種類があります。美容室求人の応募の際にもこういったお店の規模で迷うこともあると思いますが、この2つには働く上での大きな違いがあるため、慎重に選んでいくことが大切です。

では、「大型店」と「小型店」の美容室では働く上でいったいどのような違いがあるのか?くわしくご紹介いたします!

■「大型店」で働くと…?

上場企業などの美容室の最大のメリットは、「安定的な雇用」です。売上げによって給与も大きく変わってくる美容師にとって、いつでも安定したお給料をもらえるのは嬉しいこと。また、美容業界では厚生年金や有給などがつかないお店もたくさんあるという現状の中、大型店では社保が完備された「福利厚生の充実さ」もメリットになります。

また、定期的なセミナーや資格支援、コンテストなど、スタイリストとしてステップアップしていくためのサポートにも特化しているなど、美容師の育成面にも力を入れている企業もいます。

ただ、大企業なだけにチェーン展開されている美容室がほとんどで、コンセプトが統一されていることで自分と美容室との方向性にズレが生じてくることもあります。

■「個人店(小型店)」で働くと…?

1店舗のみの個人経営の美容室は、大型チェーンなどと違い、売上げや集客はお店によってムラがあります。また、広告などにも費用面でも限界があるため、毎月安定した集客を望めるわけではなく、その日その日が勝負!といった気の抜けないシビアな働き方が求められます。

小型店ならではの魅力は、「自分たちで美容室を作り上げていく面白さ」です。チェーンではないため、内装などのアイデアも自分たちの好きなようにカスタマイズできますし、面白いイベントを開催したり、その場その場で臨機応変にお客様の要望に応えられたり。縛りが多い大型店とは違い、自由で自分のアイデアが採用されやすく、やりがいのある働き方です。

大型店と小型店では全く違った働き方がありますが、どちらも流行っているお店ならお店の大きさなど関係なく忙しいですし、流行っていないお店なら経験を積むのは難しいでしょう。

美容師として成長するのには充分な環境は美容室の規模ではなく、場数をこなせる環境と自分の方向性次第なのです。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です