美容室の求人、転職サイトと求人雑誌どっちがいい?

ヘアサロンが美容室求人を出そうとすると、まずはじめに悩むのは、「求人の媒体」についてです。フリーペーパーの情報誌や転職サイトなどのインターネット、人材派遣など、募集をするには多くの方法があり、それぞれにメリットがあります。

では、美容室求人の方法にはどんな利点や注意点があるのか?くわしくご紹介いたします!

■情報が豊富な「インターネットサイト」

求人を出そうと思った時に最初に思いつくのはおそらくネット上の美容室求人サイトに記載する方法でしょう。アクセスの良さや、常に新しい情報が入るインターネットは、職を求める美容師が集まりやすく、応募から採用までの時間が比較的短く済みます。
「1日も早く人手が欲しい!」といったようなスピーディーな採用を求める場合にはとても重宝する方法です。

■長く募集をかけたいときには「紙媒体」

インターネットとは違い、「求人を急いではいないけれど、質の良い美容師がいれば積極的に採用したい」というような、じっくり待てる場合に最適な方法がこれです。
パソコンに疎いという人でも求人を見る機会を設けられる紙媒体は、いろいろなジャンルの人にアプローチできる発信源となります。

■美容室求人の人材紹介会社

人材派遣などの紹介会社に依頼し、美容師の職を求める人を紹介してもらう方法です。
美容室側が求める人物をピンポイントで探せる良い方法ですが、紹介会社に登録している人だけに限定されてしまうため、どうしても選択肢が少なくなってきてしまうのが難点です。

その他にも、「専門学校や美容スクールから直接紹介してもらう方法」や、公共のサービスである「ハローワーク」の仲介、知人からの紹介など、求人を出すにはさまざまな方法があります。

しかし、方法によっては、効果は良くてもコストがかかりすぎて長く求人を出せないところや、コストは低いけど効果も低い、といったようなデメリットもあります。
いつまでに採用したいのか、どんな人材が欲しいのかなど、美容師を求める美容室のニーズに合わせた求人方法を選ぶことが大切です!

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です