美容室・自宅開業…ネイリストの働き方って?

最近の美容室には、ヘアカットやカラー・パーマなどの他にもネイルができるお店が増えており、そういったお店では、ネイルアートを専門とする「ネイリスト」が常駐しています。
ネイリストは美容室のみでの勤務だけでなく、開業やサロン勤務など、いろいろな働き方があります。

では、ネイリストの働き方とは、具体的にどういったものなのでしょうか?くわしくご紹介いたします!

■ネイルサロンにサロンスタッフとして就職

1番多いのはこのタイプではないでしょうか。ネイル専門のサロンの美容室求人に応募し、スタッフとして勤務する形で、雇用形態はお店によって異なりますが、時給や固定給がほとんどで、中にはノルマがある場合もあります。

サロンスタッフとして働くことのメリットは、「安定」と、「一緒に働く仲間がいるということによってもらえる刺激」。ネイリストは専門的な技術のため、働き口に不安になることもあるため、固定された給与で働けるのは嬉しいポイント。さらに、周りで働くスタッフも自分と同じスキルを持った仲間。それと同時にライバルでもあるため、日々技術向上のための刺激になります。

■自分でネイルサロンを開業する

自宅開業やサロンオフィスを賃貸で借りて自分で開業するパターンです。この場合は、ネイルのスキルだけでなく、ヘアカラーやアイリストなどの資格もあわせて持っている人が多くいます。また、サロンスタッフとして経験や人脈を広げたあとに開業するというケースもあります。

自分でサロンを開くことで利益が全て入るというメリットと、「赤字」との闘いというデメリットの両方を合わせ持っています。

■フリーランスとして働く

美容室にあるネイルメニューなどは実はフリーランスの人が多くいます。自分の顧客獲得のためにヘアサロンを間借りする代わりに収益の何パーセントかをサロンに払う、といった形です。もちろん、決まった場所に属さず、完全フリーとして働いているパターンもありますが、最初の頃は大体がヘアサロンやブライダルサロンなどで自身のPRをしています。

どの働き方にも魅力がありますが同じようにデメリットもありますので、慎重にプランを立てましょう。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です